お手入れ

 

 

皮革製品は、使うほどにその人に馴染んで、さらにその良さが増してきます。

素材である革はもともと天然のタンパク質からできていますので、

使い方やお手入れの仕方が製品の寿命に大きく関わってきます。

ご使用にあたり、必要以上に気を使うことはありませんがちょっとだけやさしく扱ってください。

 

 

日常的なお手入れ

 

 

よく使う製品については特別なことをする必要はありません。

柔らかい布での乾拭きやブラッシングでのホコリ落としくらいで十分です。

革製品は使うことによって馴染んでいきますので、なるべくしまったままにせずに使ってください。

お手入れの時期としては使用頻度など様々な要因で変わってきますが、

3ヶ月に1度くらいの割合で十分だと思います。

まず、乾拭きやブラッシングでホコリを落とします。

次に水に濡らした布で汚れを取ります。この時に表面を強くこすってしまうと、革に傷がついたり色が変わってしまうこともありますので、柔らかめの布で、やさしく汚れを取ってください。

軽くたたくようにするといいでしょう。

次に十分乾かした後(急激に乾燥させないこと)油分を補充します。

使用するものは無色のもので、油分以外の成分があまり入っていないワックスをお勧めします。

それを缶の蓋など平らなところに薄くのばし、ブラシに少量をつけて刷り込む(円を描く)ようにして油分を補充します。

全体的に均一になるようにしてください。油分を補充した直後はベタベタすることもありますが、ホコリがつかないようにしてそのまましばらくそっとしておいてください(1日程度)。

使うときにベタつく感じが残っていれば、柔らかい布で油分をふき取ってから使用してください。

 

 

 

水に濡れた場合

 

 

雨など水に濡れてしまった時は、乾いたタオルで叩くようにして水気を除き、風通しの良い場所で陰干しします。濡れた革は熱に弱いので、高温になるストーブやヒ−ターなどには近づけないようにしましょう。

また、乾燥すると変形することがあるので、できるだけ変形しないように形を整えてから乾燥させてください。一度中まで濡れてしまった革を乾かすと、革の中の油分が不均一になって、部分的に硬化することがあります。

こういう時はワックスを少し多めに補充してください。

濡れた部分と乾いた部分がある場合、その境目が目立ってしまうことがありますが、その時は水に濡らした布を適度に絞り、境目を消すように軽くたたきながら目立たなくしてください。

完全に乾いてしまうと境目が残ってしまうこともありますのでなるべく早めに行ってください。

 

 

 

汚れ落とし

 

 

通常の汚れ程度であれば、柔らかい布でのから拭きやブラッシングで十分です。

汚れがひどくなってきたら、水に濡らした布を適度に絞り汚れを落とします。

部分的なものは消しゴムなどで汚れが取れる場合もあります。

十分に乾いたら油分を補充してください。

 

 

 

保管

 

 

最も気にかかるのがカビです。

長く保管する時はカビの栄養分になってしまう汚れやホコリをできるだけ除去してください。

天気の良い日に陰干ししてから保存してください。

通気性を良くするために、ビニール袋など、密閉性の高い物には入れないようにしてください。

 

 

 

 

以上を参考に革製品のお手入れをしてみてください。

おご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

展示会等にお持ちいただければ簡単なお手入れをさせていただきます。

場合によっては有料となる場合もございますので、ご了承ください。

尚、お手入れなどを行う場合は目立たない部分で試してからおこなってください。

 

 

 

 

修理

 

 

unaBorsaの商品はもちろん修理いたします。

修理の内容によって有料・無料の場合があります。

また他社商品についても修理可能な場合は対応させていただきます。

詳しくはご相談ください。