素材

 

TOP

unaBorsa

series

ご注文方法

profile

 

 

unaBorsaでは、革の良さを知っていただけるような商品を作っていきたいと考えています。

よい商品を作るには、デザインや技術と同じようによい素材が必要です。

一つの商品にはいろいろな素材が使われています。

様々な素材の中からunaBorsaでは、下記のものを使用して製品作りをしています。

今後もよい素材を取り入れて、より良い商品をご提供していきたいと思っています。

 

 

ヌメ革とシュリンクレザー

 

 

 

革は使っていくと見た目や質感(やわらかさ)などが変化していきます。

その変化が“味わい”として表現されますが、全ての革がそのような変化をするかというと、

実は革のなめし方(作り方)によってかなり差があります。

 

ヌメ革は、タンニンなめしという方法で作られたもので、その変化が楽しめる革。 いわば“革らしい革”です。

植物のタンニンを使ってなめされているので、より自然な革と言えます。

さらに使う人によって(使い方によって)、艶の出方などの変化も様々です。

また使用するごとに革の表面が丈夫になって行きますので、キズなどもつきにくくなります。

ただ使い始めは水により色移りやキズがつきやすいなどがあります。

 

もうひとつはシュリンクレザー。

この革ははじめからやわらかく、表面も丈夫でキズがつきにくく、多少水に濡れても平気な革です。

クロームなめしという方法で作られた革で、タンニンなめしのような変化はあまり出ませんが、

汚れもつきにくく、水拭き程度でも十分きれいになりますので、使いやすい革です。

基本的にこの2種類の革を使用して製作しています。

お好みの素材で、お気に入りのバッグを見つけてください。

 

1

ヌメ革

 

タンニンなめし。

使用していくと光沢が出て表情が変化していきます。

その変化を楽しみながら使ってもらいたい、革らしい革。

※注意

色や表面のしわの寄り方(シボ感)にばらつきがあります。

使い始めは傷がつきやすくなっております。
また色移りする場合がありますので、ご注意ください。

実際の色とは多少異なる場合があります。

こげ茶

キャメル

ワイン

モカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2

シュリンクレザー

 

クロームなめし。

表面に細かい縮みじわをつけた革。

しわ(シボ)は型押しではないので、

同じ革でも表情が違います。

使い初めからやわらかく、表面も丈夫なので

キズがつきにくく、色移りもほどんどありません。

表情の変化はあまりしませんが、

汚れも落しやすいので普段使いにお勧めです。

※注意

色や表面のしわの寄り方(シボ感)にばらつきがあります。

実際の色とは多少異なる場合があります。

こげ茶

オレンジ

水色

グレー

ローズ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裏地

綿素材

 

 

 

バッグの裏地は綿素材を使用しています。

生地自体もしっかりしており、

中でべたつくようなこともありません。

 

 

右から

ブルー

マスタード

ピンク

オリーブ

※実際の色とは多少異なる場合があります。

 

 

ビニモ

 

 

 

各色取り揃えています。

 

 

キャメル

ベージュ

など

 

※実際の色とは多少異なる場合があります。

 

 

エクセーヌ

 

 

 

 

肩パッドの裏や持ち手(肩掛け)の裏などに使用します。

小物で使用することもあります。

 

 

 

こげ茶

うす茶

キャメル

など

 

※実際の色とは多少異なる場合があります。

 

 

ファスナー

EXCELLA(金属ファスナー)とコイル(樹脂ファスナー)

 

 

 

EXCELLA

 

No.5

 

/ こげ茶

コイル

No.5No.3

/ こげ茶 / / うす茶  など

 

 

 

TOP

unaBorsa

series

ご注文方法

profile

 

unaBorsa